フレシャス

フレシャス デュオの使いやすいところと不評な口コミも詳しく説明

投稿日:

シンプルなデザインと豊富なカラーバリエーション

フレシャスデュオは5色から選べます。置く部屋の壁や床、家具の色やそこに窓から入ってくる自然光なども考え合わせて、マッチする色を選ぶことができます。5色とも派手な色ではなく周囲に柔らかく溶け込むので、どれも日本の住空間にぴったりです。

スカイグレー(Sky Gray)

本体のホワイトに給水部が薄いグレー。ウォーターサーバーの基本的な配色ですが、作りがシンプルなので周囲に違和感なく馴染みます。

メタリックブラック(Metallic Black)

本体がメタリック、給水部は少しグレー寄りのブラック。え!これウォーターサーバー?と思わせるほどのメタリックとブラックのクールで都会的な配色です。

ミルキーベージュ(Milky Beige)

本体は柔らかな白、給水部が落ち着いたベージュ。フローリングの部屋と木目調の家具によく似合います。

ナチュラルピンク(Natural Pink)

本体が白、給水部は桜の花のような薄いピンクの組み合わせ。女子のお部屋に置いてあればワンポイントとしてかわいく映えるでしょう。

ペールブルー(Pale Blue)新色!

本体が淡いブルー、給水部がホワイトです。男性的な部屋にも女性的な部屋にも、シンプルな部屋にもカラフルな部屋にもフィットする、おしゃれな色目です。

コンパクトなウォーターパック。取り替えるのもラクラク

フレシャスデュオはボトルではなくウォーターパック。大げさではないうえに7.2リットルなので(他社のボトルはだいたい12リットル)女性でも運ぶのに苦労しません。交換方法も簡単で、かつ衛生的です。

・本体の上部にあるウォーターパック格納部のふたを開けて、そばにある「NEEDLE」ボタンを押します

NEEDLEは針という意味で、押す毎に格納部にある針が上がり下がりします

・針が下がるので、空になったウォーターパックを取り出します

空のウォーターパックは小さくたたんで捨てられます。細かいことですが、フレシャスデュオの評判が高いポイントです。

・新しいウォーターパックを格納部にセットして、NEEDLEボタンを押します

格納部の針が上がります。そうするとウォーターパックに穴が開き、その穴から水が流れ出てくる仕組みになっています。すなわち、ウォーターパックの水は給水部でコップに注ぐときにはじめて空気に触れることになり、非常に衛生的で安心です。この点もフレシャスデュオのいいところです。

省エネ機能が3つあり、電気代の節約が楽にできます

電気代を最大70%カット、月間電気代は最小330円、と公式サイトに書かれています。

SLEEP機能

この機能は他のウォーターサーバーには見られません。フレシャスデュオには光センサーが搭載されていて、部屋が暗くなると寝静まった状態であると判断します。ウォーターサーバーは使用されないので、ヒーターの電源を自動的に切ります(お湯が使用できなくなります)。SLEEP機能はボタンでオンオフできるので、赤ちゃんがいる家庭など夜中に急にお湯が必要になる家庭ではオフにしておけます。

エコモード

ボタンをワンタッチするだけでヒーターで温めているお湯の温度を15度低くできます(約85度→70度)。15度下げるだけでも消費電力はかなり変わってきます。

温水用と冷水用のデュアルタンク

通常のウォーターサーバーでは内部にある冷水用のタンクと温水用のタンクが分離されておらず、水を冷却して、その水をまた温める、などの大変非効率なことをしています。フレシャスデュオは冷水タンクと温水タンクが分離されているので、温水の熱が冷水に伝わることもなくなり、余分な消費電力をカットできます。

-フレシャス

Copyright© フレシャスの良い口コミも悪い口コミもまじめに検証 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss